|

ホーム > レース > WEC 2017-富士

Weather-proof performance

難しい予選をくぐりぬけたチームは、雨と霧に敢然と立ち向かい、順位を上げていく。レース開始後まもなくニコラ・ラピエールが集団を抜けだし、5位から2位へ。LMP2のベストタイムをマークした。


					画像1

					画像2

					画像3

					画像4

					画像5

					画像6

					画像7

					画像8

Suspense-filled race

この急浮上のあと、2回の赤旗と6回のセーフティカー出動による中断にもうまく対応することができたのは、状況に即した戦略とハイレベルなドライビングが功を奏したからだ。チームでは特に、パフォーマンスを保ちながらもピットストップをできるだけ短くすることに力を注いだ。

Victory in sight

猛暑のオースティンで勝利をおさめたシニャテック アルピーヌは、どんな気象条件下でもハイレベルなパフォーマンスが披露できることを証明してみせた。また、シーズン最後までタイトルを狙えるチャンスがあることで、モチベーションも高く保たれている。