|

ホーム > レース > WEC 2016-A460

THE CAR

アルピーヌという名前を受け継ぐ覚悟

フルカーボン製ボディ・車両総重量900kg。
アルピーヌの伝統と哲学を忠実に反映したA460は、ドライバーと一体となり、最高のパフォーマンスを発揮する1台に仕上がりました。

Endurance
breeding

A460のコックピットは気流の影響からドライバーを保護し、最適なエアロダイナミクス効果を実現。最高速度が330km/h近くにもなるル・マンのコースなどにおいても、その実力を発揮します。

Top Speed

					画像1

					画像2

					画像3

					画像4

					画像5

					画像6

					画像7

					画像8

					画像9

					画像10

					画像11

					画像12

					画像13

					画像14

					画像15

					画像16

					画像17

					画像18

					画像19

					画像20

The engine

550CV

エンジンは日産・4.5L V型8気筒を搭載。6速シーケンシャル・ギアボックスがレスポンスの良さと瞬発力を発揮します。

THE
DRIVERS

THE
DRIVERS

ネルソン・パンチアティシ(27歳)

ネルソン・ピケに絶大な敬意を抱く父からネルソンという名を授かる。生まれながらにして偉大なレーサーになる宿命を背負った彼は2013年にシニャテック アルピーヌに抜擢される。天才少年ネルソンは瞬く間にその才能を発揮し、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)で2度のタイトルを獲得。

ニコラ・ラピエール(31歳)

当時20歳にもならないニコラは、フィリップ・シノーチームでマカオグランプリに参戦し、F3インターコンチネンタルカップで優勝。その後、GP2→GT1→LMPとステップアップし、2015年ル・マンでLMP2クラス優勝を果たす。

With a new prototype

我々はFIA世界耐久選手権(WEC)・LMP2クラスに照準を合わせました。ただ、それは途轍もなく大きな挑戦でした。ニコラ・ラピエールは、このプロローグ(合同テスト)を単なるテストとは捉えてはおらず「マシンテストと共に、チームに我々の実力を理解してもらうことも重要だ」と話しました。ネルソン・パンチアティシは35号車に、ステファン・リケルミが36号車にそれぞれ乗り込みコースに入ります。コース走行とピットストップを繰り返します。パドックではメカニックたちが正確で素早い動きでサポートを行います。耐火フェイスマスクをつけた7名のエキスパートがマシンを取り囲み、サスペンションの調整/ブレーキバランス/トラクションコントロール/ギアボックスの再設定などを試していきます。ドライバーが再びコックピット内へ滑り込み、コースに戻ります。

アルピーヌのガレージでも、緊張感が走ります。パソコン画面にはグラフやデータが表示されます。その一つ一つが分析され、ドライバーと直接無線でやりとりする開発エンジニアに送信されます。びっしょりと汗をかいたネルソン・パンチアティシが満面に笑みをたたえてやってくると、チームメイトのデイヴィッド・チェンと言葉を交わします。仲間同士、視線を交わしながら、肩を叩きます。No.36チームでは兄貴分的存在でもあるニコラ・ラピエールはステファン・リケルミと共にカメラで走りを確認します。ベルナール・オリヴィエはアルピーヌが打ち出した好記録に満足し、「まだテスト段階ではありますが、チームのやる気を高められたと思います」と語ります。